品質確保物語 他情報

品質確保物語

道路構造物ジャーナルNETのサイトで,品質確保物語を連載されています.

以下に掲載記事を紹介します.なお,ここに掲載できていない最新版がある場合には,次のリンクで検索できます。

@寺子屋から全国へ それはコンクリートよろず研究会から始まった「コンクリート構造物の品質確保とコンクリートよろず研究会」

A山口県のひび割れ抑制システムの構築 不機嫌な現場から協働関係へ

B「ひび割れ抑制システムから品質確保システムへ −施工の基本事項の遵守と表層品質の向上−」

C「施工状況把握チェックシート −品質確保の効果と協働関係の構築−」

D「目視評価法 −品質向上の必殺技−」

E山口県の品質確保システムの課題と今後の展望 −地道な取り組みを続ける−」

F寒中コンクリートを用いる構造物の品質確保

G復興道路の耐久性確保の土壌づくり −施工状況把握チェックシートと目視評価を活用した試行工事−

Hコンクリート構造物の品質確保の手引き(一般構造物編)の制定 −走りながら考える−

Iコンクリート構造物の表層品質評価法−表面吸水試験や表層透気試験の活用方法と留意点−

J復興道路の覆工コンクリートにおける品質確保

Kコンクリート構造物の品質確保の手引き(トンネル覆工コンクリート編)の制定−産官学の協働−

L南三陸国道で行われる受発注者の協働思考 「コミュニケーションツール」を使って より良い構造物の実現を目指す
(南三陸国道事務所 建設監督官 手間本康一氏)

M南三陸国道で行われる受発注者の協働思考 「品質改良」と現場力、リーダーシップ
(IHIインフラ建設 PC工事部 東工事グループ 田中実氏)

N南三陸国道で行われる受発注者の協働思考 高品質のトンネルを実現するには
(南三陸国道事務所 事業促進PPPチーム 三陸沿岸道路事業管理業務 主任技術者 加藤ひろし氏)

O南三陸国道で行われる受発注者の協働思考 「お手伝い」から主要メンバーへ
(南三陸国道事務所 事業促進PPPチーム 三陸沿岸道路事業管理業務 担当技術者 梅沢武人氏)

P南三陸国道で行われる受発注者の協働思考 「対話」の重要性
(株式会社テラ 工務係長 菊池啓明氏 ・ 菊池美富氏)

Q南三陸国道で行われる受発注者の協働思考 「義務感」と「責任感」
(西松建設株式会社 国道45号 小槌地区トンネル工事 現場代理人 河内正道氏)

R福島河川国道事務所編@ 南三陸での成功事例を糧に桑折高架橋の施工に挑む
(国土交通省東北地方整備局 福島河川国道事務所 建設監督官 佐藤正氏)

S福島河川国道事務所編A 「ひと現場ひと工夫(気づき)」を大事に
(国土交通省東北地方整備局 福島河川国道事務所 工務第二課長 小山田桂夫氏)

その他のまとめ情報

コンクリートのひび割れ問題と品質確保に真向から取り組む〜山口県発の品質確保システムと東北、近畿への展開〜


inserted by FC2 system